【 健康対談第3弾!オーガニック料理のお店 米ディナンバー1 大辻 竹まつ さん×医療法人福涛会理事長 歯科医師 平澤 裕之(後編)】
米ディナンバー1 ランチプレート 大阪市阿倍野区 https://www.komeday.com/

先日の前編、楽しんでいただけたでしょうか?
まだの方は、是非前編をご覧いただいた上で、後編をご覧ください。

米ディナンバー1オーナーの大辻さん、
当法人理事長歯科医師の平澤、共に、
ニッチな分野に早くから着目し、試行錯誤を続けてこられて今がある。という共通点を見出して頂けたのではないでしょうか?😄

では早速本日は、対談の後編をお届けいたします!

米ディナンバー1 オーナー 大辻竹まつさんと医療法人福涛会 理事長 歯科医師 平澤裕之  大阪市住之江区安立 平澤歯科医院にて
大阪市住之江区安立 平澤歯科医院にて
米ディナンバー1 大辻さんの「食」へのこだわりと「歯科治療」の共通点

医療法人福涛会 理事長 歯科医師 平澤裕之(以下、平澤):
確かに現在人の頭の中はノイジーなんですよ。頭の中がやかましい。沢山の情報や電波などの影響を受けているのも否定はできないと思います。

米ディナンバー1 オーナー 大辻 竹まつさん(以下、大辻):
ますます抵抗力が落ちると言いますかね・・・。
だから食事のこともね、健康健康ってみなさん健康になりたいって言われますけど、結局健康が目的になってはしょうがないんですよね。
健康になって、そこからいかに楽しい人生を送るかっていうのが重要であって、健康になるのが目的じゃないんですよね。

マクロビオティックなどを真剣に勉強すればするほど、いかに健康になる為に食事をするか?っていうことになりがちですけど、うちのコンセプトはそういうことではなくて、人生の中で、いかに楽しく自分がやりたいことをやるか!
そのためにはやっぱり健康でないと始まらないですからね。
どんなに楽しいことをしても身体がしんどかったら楽しめないですから。

その視点から、どうしたら健康になるかと考えると、現在の人々は、本来(ご自身が備えていたはず)の健康の状態が下がっている人が多いので、とりあえず、ある程度の健康と言うところまではもっていかないことには始まらない。
僕からしたら、健康であることは当たり前で、食べ物が安心・安全であることなんか当たり前やと・・・。

すると真剣にマクロビオティックなどを勉強することになったりするのですが、マクロビオティックって正直美味しくなかったりするんです。
健康を重視するあまり、食事に関して理論が入ってきて美味しさが二番手になるんですよね。美味しさよりも健康が上になる。
でもそれはちょっと違うんじゃないかな?って思っているんです。

やっぱり食事は美味しくなかったら意味がないですね。

米ディナンバー1 デザートもおいしい♥ https://www.komeday.com/
香りも味も♥

平澤:知識や理論は勉強したらつきますが、本来は自分で「感じる」という事が大切ですね。

例えば、食べ物なら、食べていいものか?食べたらだめなものなのか?
歯科素材であれば、これを人の体に入れていいものか?自分が入れられて気持ちの良い物なのか?悪いものなのか?

当然エビデンスを元に判断をする必要はあるけれど、体に入れて良いのか?否か?を感じようとすること、そしてこの感覚を持つことが大変重要だと思います。

大辻:ほんと、その通りやと思いますね。
結局一番大事なのは、悪いものを入れなかったらいいんですよ!
人間には抵抗力もあるし、自然治癒力もあるのだから、当たり前のものを食べて、悪いものを体に入れなかったら健康で楽しく幸せにいけるわけですよ!

やっぱり食事も平澤先生のやってはることと同じですよね。

米ディナンバー1 オーナー 大辻竹まつさんと医療法人福涛会 理事長 歯科医師 平澤裕之

平澤:そうですよね。
仕事でへこんだ時なども、美味しいものを食べに行ったら元気になるので、僕も歯医者に来てもらって元気になって帰って欲しい。
という思いがあります。

そんなところから言うと「治す」って表現が僕にはどうもしっくりこない部分があります。

歯を抜く等々、実際に治療はしますが、その治療の後に体を治す(修復する)のは患者さん自体の肉体です。
この薬が効くとか、抗生剤が効くとかは理論上の話。
それよりも自分の体の声をよく聴いて欲しいと思います。

大辻:僕らの様な食を提供する者は、日常的に免疫力を高めるものを提供していかないといけないし、そういうものをご家庭でも作っていただかないといけないと思っています。
月に一回米ディに健康なもの食べに来ていても、自分自身のご家庭で、きちっとしたものを作って自然食の普通においしいものを日常的にお母さんに提供してもらわないと意味がないんです。
外食することもあるかもしれないけど、朝と晩はご家族とお子さんにはきちっとしたものを、しかもおいしいものを作ってあげて欲しい!

そんな想いから、料理教室のオーガニック講座を開催しています。
なので、うちの味を再現してもらうことを一番メインにしています。
普通の料理教室とは違って、僕は5時間ずっと喋ってるんです😄。
徹底的に解っていただくっていうのが大事ですから。

米ディナンバー1 https://www.komeday.com/
米ディさんにとってのお米はとてもいろんな意味で大切で意味深いものだと伺いました。
米ディナンバー1 2021年の展開と挑戦と

インタビュアー:大辻さん、米ディナンバー1さんは、2021年1月で新たな挑戦のために、大阪市阿倍野区のお店を一旦閉店されると小耳に挟みましたが、そのことについてお話しください。

大辻:前々から100坪とか200坪の土地で緑に覆われる「森の中のレストラン」と言うのをやりたいな~と思っていまして、あちらこちら適切な場所を探していました。
そんな中、父が亡くなったこともあり、伊勢と松阪の間の多気町という、三重県の田んぼがずーっと広がる田舎の集落にある僕の実家の敷地内に森を作るところからやってみようという事になりました。

森は、自然より自然の森を創れるという、東京の石正園平井孝之さんって言うカリスマ庭師さんがいらっしゃるんですが、その人に監修してもらいながら、敷地内に自分で創ろうと思っています。

お店自体は、今と大きくは変わらない形態でやるつもりですけど、ナチュラルストアも併設して、オーガニック食品の提供も同時にしたいと考えています。

オーガニックでおいしいものを作ろうと思ったら最高の素材を使わないと無理なんです。
なのでそれを提供したいと思っています。

野菜は畑もあるので、子供たちとも一緒に作ろうと思うのですが、集落の開けたとこにありながら森があってキャンプもできるような、そういう店にしようと思っています。

米ディナンバー1 オーガニックやヴィーガン食材 https://www.komeday.com/
米ディナンバー1さんのお店では、オーガニックやヴィーガンの食材も取り扱っておられます。

平澤:お伊勢さんにはよくお参りに行きます。
またその時には寄らせて頂きますね。

大辻:ぜひ!

平澤:すごく情熱が伝わってきました。
こうやって、情熱を持って、ああやりたい、こうやりたいってことを語れるってお互い幸せですよね。

大辻:そうですよね。

オーナー夫人の由紀子さん 対談のサポート&ご配慮有難うございました♥
対談後記

実は、対談は盛り上がり、約2時間にも及びました😅
ですので、今回ご紹介できなかったお話もいくつかありますが、お米にまつわるそこから派生したお話あれこれなど、米ディナンバー1オーナー大辻さんのユニークなYouTubeチャンネルkome1203にて、対談の一部をご覧いただくことができます😄

☝こちらから、
当法人とご縁を頂いたそれぞれの分野のスペシャリストと、
当法人理事長で歯科医師の平澤裕之との、
それぞれの「健康」という目的地への「ルート=方法」
について熱く語り合う対談ページ集へご案内いたします。
是非、クリックしてこちらにもご訪問ください!

Pocket
LINEで送る

「【 健康対談第3弾!オーガニック料理のお店 米ディナンバー1 大辻 竹まつ さん×医療法人福涛会理事長 歯科医師 平澤 裕之(後編)】」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です