からだに優しいセラミック

セラミックについて

セラミックセラミックは、歯のクラウン(被せ物、差し歯)やブリッジ治療における金属を使用しない治療法として使われる素材です。
近年、歯科金属による健康への影響が問題視されるようになってきました。 それにつれて、セラミックを選ばれる患者様が増えてきています。

しかし、一口に「セラミック」といっても実に多くの種類があります。

多くの患者様にとっては、やはり見た目としての白さが一番の選ぶ基準になるかと思いますが、医療法人福涛会のセラミックは、試行錯誤の結果、身体に非常に良い材質のものを内科や泌尿器科の先生方およびバイオレゾナンス勉強会のメンバー、歯科技工所の協力を得ながら独自で開発して使用しています(レゾナンスドセラミック)

また、セラミックを入れる歯の土台となるコアもノンメタルですので、患者様には安心して治療を受けていただくことが出来ます。 現在、特に症状のない方はもちろん、アンチエイジングを目指されている方、内科・皮膚科で治らない症状(頭痛めまい不眠金属アレルギーアトピーなど)がある方にも推奨できる素材です。

医療法人福涛会のセラミック(レゾナンスドセラミック)の特徴

1.最高品質のセラミックセラミックの特徴
独自に開発した医療法人福涛会のセラミックは、普通のセラミックでは含まれている微細な金属や化学物質まで丁寧に取り除いた最高品質のセラミックです。このセラミックが口腔内に入っている方の身体に、自然と解毒が促がされ、自己免疫力が高まってくることを願って、丹精込めて創り上げました。

2.セラミックでアンチエイジングセラミックの特徴
金属を使用しないことにより歯肉がピンク色に戻り、お肌の色も本来の透明感が戻ってきます。当院のオリジナルセラミックは純度が高いので審美的にとても優れています。

3.金属アレルギー予防セラミックの特徴
口腔内をセラミックにする事で金属アレルギーの予防になります。
すでに金属アレルギーでお悩みの方にもお勧めします。

4.身体に負担をかけない軽さセラミックの特徴
金属に比べ、4分の1以下の軽さです。今まで肩こりで悩んでいた方もセラミックに替えることでアゴや肩への負担が軽減し、肩こりや腰痛が改善した患者様も多くいらっしゃいます。

レゾナンスドセラミックの製造工程について

レゾナンスドセラミックが完成されるまでには、3回の焼却(焼却時間や温度は試行錯誤の末に導き出した数値です)など、従来の被せ物よりも手間暇をかけて製作しております。

共同で製作している歯科技工所の方の言葉をお借りして、皆様に一つお伝えできるならば、「手間だと思う工程も含めて、その製作工程には意味があり、すべては、患者様にとってより安全で高品質な被せ物を提供するため」です。

レゾナンスドセラミックの製造工程レゾナンスドセラミックの製造工程レゾナンスドセラミックの製造工程レゾナンスドセラミックの製造工程
レゾナンスドセラミックの製造工程レゾナンスドセラミックの製造工程レゾナンスドセラミックの製造工程レゾナンスドセラミックの製造工程

保険適応の白い歯(CAD/CAM)について

2014年の保険改正において、小臼歯の部分にのみ、CAD/CAM(歯科用CADCAMとは、コンピュータで設計し、製造された補綴物(かぶせ物)のこと)で作られた白いかぶせ物(クラウン)が保険適用されるようになりました。

さらに、2020年4月、2020年9月の保険改正によって、一部条件付きではありますが、ほぼ全ての歯にまでその範囲が広がり、保険適用になりました。

ただし、この欠点としては、保険適用される材質に環境ホルモン物質(ビスフェノールA)の周波数が認められるという問題点があります。(バイオレゾナンスによる極性の診断をすると、極性21.5がマイナスに振れ、これはエネルギー的には体はあまり欲しくない素材だといえます)

また、CAD/CAMで作ることによる精密度合もまだまだ人の手で作るよりも劣っているという指摘が多くなされています。

結論的には、
「今後ノンメタルの方向に世の中が向かうことについては歓迎だが、そこで認められる素材や精度についてはまだまだ欠点がある」
と考えます。