ジルコニアインプラント

インプラント治療とは?

歯を失ったところへの治療法には、一般的に知られている、義歯(入れ歯)装着や、隣の歯を削ってブリッジを装着する方法がありますが、それとは別の方法として、インプラント治療があります。
インプラント治療は、顎の骨に直接、インプラント=人工歯根を埋め込み、固定する治療です。

インプラント治療のメリット
他の治療方法と比べ、大きなメリットがいくつもあります。
義歯のような異物感がなく、取り外しの必要がありません。
噛む力も自分の歯(天然歯)にほぼ匹敵する位まで回復することが期待できます。
さらにブリッジ装着の場合のように、隣の健康な歯を削って被せる必要がないため、健康な歯への影響や負担が少ないのも大きな利点です。

インプラント治療のデメリット
その他の歯科治療に比べて、高度な治療技術と長い治療期間が必要です。
また、治療費用については、保険の適応外であるため、一般的な保険適用の治療に比べるとかなり高額になります。

当院のやさしい素材のインプラント

インプラント治療 当院では、ジルコニアインプラントを使用しています。金属アレルギーがある方でも安心して使っていただける最新のインプラントです。また、被せ物(クラウン)は普通のセラミックには含まれている微細な金属や化学物質まで丁寧に取り除いた最高品質のセラミックで、非常に身体に優しく、審美的にも優れています。メタルフリー(ノンメタル)治療をご希望の方には最適なインプラントです。
(詳しくは「ノンメタル治療」「からだに優しいセラミック」をご参照ください。)

ジルコニアインプラントとは

ジルコニアインプラント高性能TZP-A BIO-HIPR酸化ジルコニウムセラミックで作られたインプラントは、天然歯の歯根の条件と非常に似ている上、生物的適合性が高く、歯肉の耐性が高いのです。

メタルフリーと優れた生物学的適合
・自然な色と審美性
・良好な歯肉の再生

などの利点があります。

インプラント表面の研磨がym(ヨクトメートル)というマイクロメートルよりもさらに小さい単位であるため(つまり表面がツルツル)、マイクロレベルの細菌が付着困難な形状になっているので、汚れにくく炎症を起こしにくいといえます。

また、インプラント体がジルコニアホワイトであるため、歯肉が黒ずんだりせず、真っ白で審美性も非常に優れています。特に前歯のインプラントの場合、仕上がりが非常に美しいです。

ジルコニア(二酸化ジルコニウム、化学式:ZrO2)は 、ジルコニウムの酸化物です。常態では白色の固体であり、融点が2700℃と高いため、耐熱性セラミックス材料として利用されています。インプラントにおいても身体に優しい素材をお届けいたします。

まだまだ最新素材のため、ほとんどの歯科医院では導入されておりませんが、安全性・審美性の観点からも今後広く普及されるインプラントでしょう。