【 顎関節症とくいしばり 】

本日「チョイス@病気になったとき」と言う、
NHKの情報番組で、
「顎関節症治療のチョイス」として
「顎関節症」のことが取り上げられていました。
本日はそれに関連した話題です。

この「顎関節症」は、
「くいしばり」との因果関係も大きいと言われています。

既にご存知の通り、
医療法人 福涛会は、
この「くいしばり」「歯ぎしり」に対する治療にも
大変重きを置いています。

また、直接的に因果関係があるとは思えないような
身体症状(めまいや耳鳴り)を、引き起す要因になっている場合もあるそうです。

日々診療を行っていると、
強い力で「かみしめ」たり「くいしばったり」している人が
大半を占めていることが把握できます。
当法人では、
それらをチェックして把握し、
「かみしめ」や「くいしばり」の治療を行っていきますが、
その際に使用するのは
『マウスピース(スプリントと表現されることもあります)』

歯ぎしり、くいしばりから歯を守るためのマウスピース(スプリント)

特に夜寝ている間の知らないうちに
「かみしめ」「くいしばり」「歯ぎしり」
をしている人は多いですが、
それによる影響を軽減し、改善するために取り入れます。

先程のリンク先「歯ぎしり・くいしばり」のところで、
ご紹介していますので、そちらもどうぞご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です