【 続編レポート😆瓶干し梅干し作りに挑戦!】

6月の初め頃、
「瓶干し梅干し作りに挑戦!」しますと投稿しましたが、

その際に、次の工程に進んだらまた報告するとしていましたので、
今日は続編です。

とは言っても、
紫蘇(しそ)を塩で揉んだものと、
梅と梅から出た梅酢とを瓶に詰めるだけ!

非常に簡単な作業でした。

後は、
土用の間(今年2020年は7月19日から8月2日だそうです)の
晴れた日のお昼間、1週間くらい、
お日様に当てる

という工程が残っています。

また、その時にも続編レポートしたいと思います。

あっ!
今頃、今更・・・ですが

梅干しって、土用の期間に「干す」から
梅「干し」っていうのか!!!

今頃気づきました💦

そこで少し調べてみました。
「なぜ梅干しは干すのか?」
こちら☟の説明が分かりやすかったので、
よろしければご参照ください。
土用についても説明されています。

https://botanica-media.jp/287

梅干しは保存食ですので、
天日によって、
殺菌効果が期待されたり、
風味や発色を良くすることができるようですね。

自然を上手に取り入れて、
自然の物を上手に食す。
科学的な根拠が示されていない時代から、
自然に生活の中に取り入れられていた知恵や知識。

それらには「迷信」や「間違った解釈」
も同時に含まれることも多いですが、
上手に選び分けて、
素晴らしいものは受け継いでいきたいものですね💝

Pocket
LINEで送る

「【 続編レポート😆瓶干し梅干し作りに挑戦!】」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です