平澤歯科医院の訪問歯科診療のご案内。

医療法人福涛会平澤歯科医院訪問歯科診療について

おはようございます!
水曜日の朝9時になりました。
医療法人福涛会のブログを担当します、むしゃこです。

今月初めのブログでもお知らせしていますが、9月は敬老の日にちなんで、高齢者に深く関連する歯科の話題をお伝えします。

本日は、6月のブログでも取り上げましたが、

医療法人福涛会平澤歯科医院の訪問歯科について、あらためてお知らせいたします。

訪問歯科診療の対象者は?

訪問歯科診療の対象者になるのは、寝たきり状態や認知症など、心身の状況等、何らかの理由で歯科医院に通院が困難な方です。

訪問歯科診療で行うこと

・軽度の虫歯、歯周病の治療や歯石除去などの予防治療
・入れ歯の作製や調整、修理。
・高齢者に多い、誤嚥性肺炎や感染症の予防のための口腔ケア(口腔内清掃)
など。

平澤歯科医院の訪問歯科担当歯科医 前田Dr.からのメッセージ

医療法人福涛会平澤歯科医院 訪問歯科診療担当 前田歯科医師
医療法人福涛会平澤歯科医院 訪問歯科診療担当 前田歯科医師

歯には、食べる為に咀嚼(そしゃく)するという役割だけではなく、日常生活上での立ち座り、歩行、運動と言った日常生活動作をする上で、しっかりと力が入るようにする役割もあります。
そのためには、奥歯でしっかり噛める状態を確立する必要があります。

訪問歯科診療をご利用になる方は、入れ歯を使用されている方が多いですが、そんな観点から見ると、入れ歯もかみ合わせ(咬合)が重要です。
いろんな理由から、あまり装着出来ない方もおられるとは思いますが、
1日1時間。食事の時だけ。
などでも使用することが大切です。

また、入れ歯を装着し噛むことは、口腔周囲筋を動かしますので、脳の活性化にも繋がり、寝たきりの方などにとっては、リハビリテーションにもなります。

訪問歯科診療は特に、みなさまの生活の質、クオリティーオブライフ(QOL)を維持するところから、上げていくことが重要と考えます。

食事をするという楽しみを維持して頂く事はもちろん、出来る事を維持し、出来ていたことをひとつでも回復させる一助となります様、訪問歯科診療にてサポートしていきたいと考えております。

平澤歯科医院 訪問歯科診療担当歯科衛生士 田中さんメッセージ

医療法人福涛会平澤歯科医院 訪問歯科診療担当 田中歯科衛生士
医療法人福涛会平澤歯科医院 訪問歯科診療担当 田中歯科衛生士

訪問歯科診療では患者様のお宅に実際にお伺いさせて頂き、お口の中のメインテナンスをさせて頂きます。

お口を含めた全身の健康を保つには、メインテナンスは欠かせません。

お口の中に汚れが残っていると歯周病や虫歯になり、重度になると歯を失ってしまいます。
歯を失うことは、お食事がしづらくなるなど、心身の健康面に大きな影響をおよぼします。

また、汚れはお口の中にとどまらず、食事と一緒に全身全体に広がってしまいます。
それらを防ぎ健康状態を保っていくためにも、セルフケア方法をお伝えすると共に、メインテナンス行なっていきます。

またより良い状態を目指し、お口の体操などを一緒にさせて頂きたいと思います。

訪問歯科診療の時間が、楽しい時間となるように、精一杯務めさせて頂きます。


訪問歯科診療に関するお問い合わせは、下記よりお電話下さい。

Pocket
LINEで送る