【 重症虫歯に気をつけて! 】
医療法人福涛会 重症虫歯にご注意!

水曜日9時、おはようございます。
医療法人福涛会のブログ担当むしゃこです!

先日、大阪院の平澤歯科医院の歯科衛生士、
まっちゃんから、こんな連絡がありました。

「こんな記事見つけたんやけど・・・」と・・・。

歯磨きで出血した…コロナで歯医者に行かない“重症の虫歯”が急増中
みなさまも是非、リンク先へ一度飛んで頂いて、記事をご確認頂けるとありがたいのですが、簡単にまとめると、

新型コロナウイルス(COVID‑19)への感染を避けるため、歯科医院の受診を控えた人も少なくなく、それによって虫歯が重症化し「コロナ虫歯」という現象が起こっている。

また、経済状況の悪化や精神的ストレスによって健康行動が変化し、歯痛を引き起こした人もおられるそうで、本来なら、歯科医院への受診が必須の状態だと容易に解る場合でも「歯科医院の受診をためらう」と言う事が起こっているというような内容。

そういうと、この経済状況の悪化や精神的ストレスが歯痛を引き起こすとの調査、
『日本人約2.5万人を対象にして2021年4月に発表された調査(東京医科歯科大学大学院歯学総合研究科)』についてのニュースについても以前、ブログで取り上げました。

そんなニュース記事を目の当たりにした、平澤歯科医院の歯科衛生士のまっちゃんは、
「(当法人)平澤歯科医院の患者さんは、コロナ禍であっても定期的にきちんとメインテナンス(メンテナンス)に来て下さっている。
けれど一方で、コロナが流行し始めた昨年(2020年)からメインテナンスを中断され、今年に入ってからもお見えにならない方もいらっしゃるのも確か💦」と思い、
「○○さん、お口の中の状態は大丈夫かな~?」と、とても気がかりになった様です。

歯の痛み等、症状のある場合でも我慢したり、放置するひとが居る!ということは、定期的な口腔内のメインテナンスとなると、当然控える方も多いと思いますが、予防歯科という考え方の重要性については、繰り返しお伝えしている通り、全身の健康にも大きく影響を及ぼします。

医療法人福涛会では、そんなコロナ禍であっても、安心してご来院頂くための、様々な感染予防対策を行っています。

「コロナも怖いけれど、歯周病も虫歯ももっと怖い😱
是非、安心して来て(受診して)欲しい!」
まっちゃんからのお知らせでした!

是非、下記のリンク☟からお問い合わせください!

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です